HOME

節電ウォーターサーバーで電気代を節約しよう

原発事故後、飲み水の安全性への関心が高くなったことから、ウォーターサーバーを利用する家庭や事務所が多くなりました。また、子どものためにウォーターサーバーをはじめる方も増えています。

ウォーターサーバーは、冷水・温水がいつでも使えるので非常に便利ですが、ウォーターサーバーは水の冷却や加熱のため電気を使用しています。
電力不足の世の中、節電のためできるだけ電気を消費しないことは、商品やサービスを選ぶ際のチェックポイントの一つになるのではないかと思います。

そこで、電気代で選ぶお奨めのウォーターサーバーと、自宅でできるウォーターサーバーの節電方法について紹介いたします。

お奨めウォーターサーバー

第1位 アクアクララ アクアアドバンス

ダブル省エネモードで最大65%の節電

アクアバンス先進のICチップを搭載したウォーターサーバーで、利用しない時間帯の温水温度を下げて節電してくれる優れものです。また、2段階の省エネ運転が選択可能で、省エネ運転中には時計表示も消灯させる徹底ぶりです。このダブル省エネモードにより最大で約65%の消費電力を削減(当社従来品比)してくれます。
電気代は月平均で約350円と大幅に少なくなりました。(電気代は使用条件により異なります)

ダブル省エネのアクアアドバンスはこちら。

第2位 フレシャス エコモード搭載ウォーターサーバー

業界初 光センサー搭載で電気代30%カット

エコモード搭載ウォーターサーバー業界初の光センサー搭載で、お部屋が暗くなると自動で温水の温度を下げるエコモードにより電気代を約30%もカットしてくれます。家計はもちろん、地球環境にも優しい省エネ設計の新しいウォーターサーバーです。床置き型と卓上型の2種類から選べます。

光センサー搭載ウォーターサーバーはこちら。

第3位 ダスキンの天然水 スプラッシュサーバー

省エネモード搭載。2バッグ方式で冷水温水の単独使用が可能

スプラッシュサーバー冷温タイプ省エネモード搭載で、夜間や外出時に省エネモードに切り替えることで約35パーセントの節電が可能です。
また、家庭用ウォーターサーバーでは珍しい、冷水と温水それぞれに専用水バッグをセットする2バッグ方式を採用しています。通常は、利用するしないにかかわらず冷水・温水の電源は常に入れておかなければなりませんが、ダスキンのスプラッシュサーバーは2バック方式により、温水を使わない時は温水のスイッチを切るといった使い方が可能です。夏は温水を使わないなど、使い分けて節電したい方に向いているウォーターサーバーです。

ダスキン スプラッシュサーバーはこちら。

水宅配のお得情報

水宅配のキャンペーン情報や料金比較など、水宅配を始める方にお得な情報をお知らせしています。

キャンペーン情報

  1. 天然水14リットル プレゼントキャンペーン[2011年10月20日〜11月30日]
    フレシャス
  2. サーバーレンタル料(500円/月)が今なら無料[実施中]
    クリティア
  3. ボトル2本プレゼントキャンペーン[2012年3月31日迄]
    クリティア
  4. オータムチャンスキャンペーン[2011年11月30日迄]
    アクアクララ
  5. 1,000円スタートキャンペーン[実施中]
    ワンウェイ
  6. 天然水たっぷり使って実感スタートキャンペーン[実施中]
    ワンウェイ
  7. クレヨンしんちゃん マグカッププレゼントキャンペーン[ご契約先着15,000名様]
    クリクラ
  8. 無料お試しキャンペーン[実施中]
    クリクラ

※情報には細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。各社オフィシャルページにてご確認ください。